Posted by at

2008年05月06日

ごあいさつ!

Radio Nowhere
FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)20:30~21:00
DJ PONーCHANG!(ぽんちゃん)





オフィシャルブログ


http://radionowhere.ko-co.jp/

(ナラ咲く)
http://radionowhere.narasaku.jp/



(REQUEST-MESSAGE)

E-MAIL 

post@fm814.co.jp

(こちらからでもメッセージの送信はOKです!)
http://www.fm814.co.jp/mailform.html

FAX  0745-33-3601
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)
FM81.4番組案内・番組表

http://www.fm814.co.jp/djinfo.html
http://www.fm814.co.jp/time.html

私、この4月からまたまた奈良県は三郷町にあるコミュニティーFM局「FM81・4」(西大和)のスタジオより、新番組ということで、“ラジオでロック”「Radio nowhere」という僅か30分という短い時間枠ではありますが、毎週日曜20:30から(再放送は翌日月曜18:30から)放送をやらせて頂きます!(実際にはもうスタートしておりますが…ネ。)

この番組はipodやパソコンが流行りのミュージックソースを勝ち得る時代の花形、文明の利器と持て囃される一方で、不本意ながらも時代の隅っこに追いやられてしまった愛すべきラジオの存在を今一度再認識して貰うべく、素敵な音楽と情報を提供。60年代、70年代、80年代とラジオが音楽を伝える生活メディアとして大いに活躍したあの頃と同じ様に、少しでも注目される存在となればという思いをベースに企画したものです。

で、番組本編といえば3部構成で展開。

まず頭のコーナーは、
ミュージックカレイドスコープと称してアップ・トゥ・デートなその時々の話題をネタとして、それに則した形で音楽をチョイスしてお届けします。

続きましては、キーワードAtoZ
アルファベットのAならAをひとつのキーワードとして、その頭文字にあたるアーティストやバンド、はたまたジャンルやムーヴメントをご紹介しようというコーナー。

そして3つ目がのノックオンザヘブンズドア
音楽界、ROCK界に大いなる足跡を遺す今は亡き伝説の巨人、偉人達に想いを馳せ、その功績を代表的な作品を通じて確かめてみようというコーナーです。

可聴地域にお住まいの方は是非、時間になればラジオのダイヤルをFM81,4に合わせてお聴きくださいね!
また、残念ながら可聴地域でないとおっしゃる向きは、番組内容を詳らかに紹介したオフィシャルブログを直接ご覧頂くか、またはこちらのブログの方にもダイジェスト的に内容の方UPしてきますので、それをご覧頂いてはバーチャ体験をお楽しみ頂ければと思います。

兎に角以後お付き合いの程、宜敷くお願い申し上げます。
頼んまっせ!
  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 23:43Comments(0)その他

2008年03月20日

マイブルーベリーナイツ(3/23)

“スウィンギング・ストリート・セカンド!”

毎週日曜日、夜9時より10時までの1時間、FM81.4(ハイホー/西大和)より、ビートルズやマリー・クワントのファッション、デビット・ベイリーのPHOTOなどを生み、革命的であった60年代のスウィンキング、つまり流行の先端を行くロンドンと、その中心舞台となったカーナビーストリートの名を重ね合わせてタイトルとし、奈良のこの地に斬新且つおもろいカルチャーの新たな風を呼び起こすべく、コアで他では一寸聴けない貴重な音楽、並びに、最新の映画に関する情報やその他諸々の地域ネタをコンパクトにまとめてお届けしようというコンセプトのもと、只今エネルギッシュに、熱~くON AIR中!
是非、お聴きくださいね!

ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー
このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今週、お薦めの映画
ワーナーさんにて、2008 3/22(土曜日)から公開になっている作品。
あなたに近付くための5.603マイルの旅。
失恋した私に、もう一度恋をする勇気をくれたのは、あなたのブルーベリーパイだった。
ノラ・ジョーンズ初主演の話題作は極上のスイーツのような切なくも幸福なラヴストーリー。きっと幸せになる…。
ウォン・カーウァイ監督最新作

マイ・ブルーベリー・ナイツ



第60回カンヌ国際映画祭オープニング作品ともなり、話題を集めたラブストーリーがいよいよこの日本でも公開となる。
監督は『恋する惑星』『2046』で御馴染みのあのウォン・カーウァイ。
そしてこの、夢見るようなロマンティックな恋を描いてきた監督のもとに集まったのは、映画の世界においては全く未知数の新人ながらも、グラミー賞8冠の栄誉に輝く、まさに世界の歌姫、豊かな表現力の持ち主・ノラ・ジョーンズをはじめ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、ディヴィット・ストラザーン、レイチェル・ワイズといったアカデミー賞の受賞者と候補者に選ばれた実力のある優秀な表現者ばかりが勢ぞろい。
スクリーンの上にこれだけの豪華キャストが登場して面白くないはずが無い。
是非至福のキャスティングと共にウォン・カーウァイの久方ぶりのメガホン捌きをご堪能ください。
では、その内容に少し触れてみたいと思いますが…。





ノラ演ずる「エリザベス」はある日失恋した。
そんな彼女の痛々しい悲しみの心を慰めてくれたのはジェレミーの焼く甘酸っぱいブルーベリーパイだった。
でも、失恋の痛手から立ち直れないエリザベスは遠く新たな自分を捜し求める旅に出る。
失恋から57日。ニューヨークから1.120マイル離れたメンフィス。
ここでエリザベスは過ぎ去った愛に束縛された夫婦に出会う。
そしてさらには、失恋から251日。ニューヨークから5.603マイル離れたラスベガスで人間不信に陥った美しきギャンブラーと出逢う。
彼らの人生を自分の人生と照らし合わせて、エリザベスはひとり思う。
「人を愛し、人を信じる事って、一体なんだろう?」
そして彼女は、それを真っ先に伝えたいと思った相手として心に思い描いたのは、ニューヨークに居る彼、ジェレミーだった…。
エリザベスはニューヨークに戻りたいと思い始める。
「あなたのブルーベリーパイが恋しい」
この後エリザベスは、そしてジェレミーは…。二人の心は互いを求め合い、愛のゴールを目指すのか…。
この後の展開に関してはWMC西大和さんのスクリーンにてお確かめくださいね。
2007年 仏=香港 制作 95分



http://www.blueberry-movie.com/

「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!!
●22日からは、あのミスターの長男、長島一茂が大胆にも製作総指揮と主演を務める『ポストマン』も上映スタートとなります。北乃きいが可愛く、竹中直人と谷啓がガチョ~ンと良い味を出してますよ。必見!

http://www.postman-movie.jp/index2.html

●「大和路シネマの日」は毎月第三火曜日に実施しております。
一般・大高生:1,000円、中学生以下:800円
とお得なサービスディでございます。

●3月8日(土)から3月23日(日)“明日までです!”の期間中に、WMC西大和で「クロサギ」をご覧になり、劇場に設置されている専用応募用紙にチケットの半券を貼って応募すると、抽選で素敵な「クロサギ」オリジナルグッツがあたるというキャンペーンでございます。

ワーナーマイカルシネマズ西大和
営業時間・毎日 朝10時OPEN
(お問い合わせ)TEL0745-31-7171
(上映案内)0745-31-7172
(PC) http://www.warnermycal.com/cinema/nishiyamato/
(携帯) www.warnermycal.com/i

FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00
(FRI)2:00~3:00
 ON AIR!! 
DJ
 PON-CHANG! (ぽんちゃん)
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL 

post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!http://swingingsecond.ko-co.jp/
  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 08:54Comments(0)映画

2008年03月09日

犬と私の10の約束(3/16)

ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー
このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今週、お薦めの映画
ワーナーさんにて、2008 3/15(土曜日)から公開になる作品。
世界中が涙した短編詩「犬の十戒」から生まれた、犬のソックスと少女との10年間の絆を描く感動作。
優しい気持ち。愛する気持ち。教えてくれたのはソックスでした…。
ソックス、私の傍にいてくれて有難う。



「犬と私の10の約束」

楽しい時も、淋しい時も犬は黙って傍にいてくれる。もし犬達が人の言葉を話せたら、一体私達に何を望んで見せるのだろう?
そんな疑問に答えるような作者不詳の短編詩集「犬の十戒」が、今、洋の東西を問わず世界中で静かなブームとなって読まれています。
「千の風になって」の犬バージョンとも言えるこの詩では、犬から飼い主へのメッセージという形で、犬達が私達にしてほしい10の約束事が語られています。そして、この春、この詩から一匹の犬と一人の少女のかけがえのない日々を描いた感動作の映画してスクリーンに登場します!

で、映画の内容をお伝えする前に、世界で読まれているとされる「犬の十戒」をご紹介したいと思いますが…
①私と気長に付き合ってください
②私を信じてください。それだけで私は幸せです。
③私にも心があることを忘れないで下さい。
④言う事を聞かないときは、理由があります。
⑤私に沢山話しかけてください。人の言葉は話せないけど、わかっています。
⑥私を叩かないで下さい。本気になったら私のほうが強い事を忘れないで下さい。
⑦私が年をとっても仲良くしてください。
⑧あなたには学校もあるし友達もいます。でも私にはあなたしかいません。
⑨私は10年位しか生きられません。だから、出来るだけ私と一緒にいてください。
⑩私が死ぬ時お願いです。傍にいてください。そしてどうか覚えていてください。
私がずっとあなたを愛していた事を…。(原典:犬の十戒)


これが今回の映画のベースになっているわけですが…。










さてその内容といえば~
北海道は函館で暮らす14歳の少女・あかりの家に一匹の子犬がやってきた。前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデン・レトリーバーに、あかりはソックスと命名。
母はあかりに「犬を買うときは10の約束をしなければならない」と教えた。
その約束を交わした瞬間からあかりとソックスは大人の道を歩み始める。
母の急死、父の突然の辞職、初恋、憧れの仕事、初めての一人暮らし、恋人の事故とあかりの人生を揺さぶる様々な出来事、そして試練。でもそんな時常に傍であかりを力づけては励みを与えてくれたのは愛犬・ソックスだった…。
犬は飼い主に豊かな愛情を与えてくれるだけではなく、人と人の絆すら結んでくれるかけがえの無い存在として時に動いてくれます。
あかりとソックスはこの後、共にどのように成長しその人生を生きていくのか…。
北海道は函館市の美しい街の風景や、旭川市の旭川動物園を舞台に物語りは優しくそして静かに展開していく…。

そして…。
勿論この先はWMC西大和さんのワイドなスクリーンの前でご確認下さいね。

(出演)田中麗奈(あかり:成人)加瀬亮、福田真由子、池脇千鶴、布施明、高島礼子、豊川悦司(大豆ですから!)ピエール瀧、笹野高史 他…。
(主題歌)BoA / ビー・ウィズ・ユー
監督:本木克英 原作:澤本嘉光 川口晴
配給:松竹

http://www.inu10.jp/

「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!!」

●「大和路シネマの日」は毎月第三火曜日に実施しております。
一般・大高生:1,000円、中学生以下:800円
とお得なサービスディでございます。

●3月8日(土)から3月23日(日)の期間中に、WMC西大和で「クロサギ」をご覧になり、劇場に設置されている専用応募用紙にチケットの半券を貼って応募すると、抽選で素敵な「クロサギ」オリジナルグッツがあたるというキャンペーンでございます。


●3/1から始まる『ライラの冒険 黄金の羅針盤』のチケット購入時にTカードを使うと、書籍・黄金の羅針盤上・下巻(7名)やワーナーマイカルオリジナルストラップ(20名)など抽選で豪華賞品が当たる!詳しくはワーナー西大和の特設HPを御覧下さい!

http://www.warnermycal.com/event/lyra/?ly=thrbnr

●ワーナーマイカルシネマズ西大和
営業時間・毎日 朝10時OPEN
(お問い合わせ)TEL0745-31-7171
(上映案内)0745-31-7172


(PC) http://www.warnermycal.com/cinema/nishiyamato/
(携帯) www.warnermycal.com/i

FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00
(FRI)2:00~3:00
 ON AIR!! 
DJ
 PON-CHANG! (ぽんちゃん)
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます

http://swingingsecond.ko-co.jp/  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 15:33Comments(0)映画

2008年02月28日

「ライラの冒険」 黄金の羅針盤 (3/2)

Swinging Street secand!!
(3/2 分ON AIR・ダイジェスト)

ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー

このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今週、お薦めの映画
ワーナーさんにて、2008 3/1(土曜日)から公開になっている作品。
ライラ・ベラクア12歳。真実を示す羅針盤を手に世界を変える旅に出る!
その針は教えてくれる!
児童文学界のアカデミー賞といわれるカーネギー賞。
その70年間の歴史でベスト1に選ばれた「ライラの冒険」3部作が、遂に映画化!
世界33カ国でNo.1を獲得!
~彼女はまだ知らない。本当の世界、本当の自分…~

「ライラの冒険」 黄金の羅針盤 

をご紹介いたします!



原作は英国作家・フィリップ・プルマンの「黄金の羅針盤」。
児童文学界のアカデミー賞といわれる英国カーネギー賞。その70年間の歴史において堂々のベスト1をこの「ライラの冒険」は獲得。また、英国民に過去最も愛された小説調査でも、「指輪物語」「高慢と偏見」に次いでの栄誉ある第3位にランキングされた!
ライラ・ベラクアという12歳のお転婆少女をヒロインとして、夢とロマン、そして愛と勇気をダイナミックな筆致で描いたプルマンの原作をベースとし、製作されたのがこの映画であります。
(しかしイギリスってこの手の幻想的な小説が好きですなぁ~。ホンマ)

先日この「ライラ」のプロモーションの一環として二コール・キッドマンやダコタ・ブルー・リチャーズが来日しましたが、身重のニコールのお腹に注目が集まり、変な形で脚光を浴びてはマスコミで報じられたこの映画では御座いますが、ここでは映画を報じる正統派の姿勢を貫いて(まぁ何と大層な!笑)本編のご紹介をしっかりさせていただきたく思います。



ではでは、その内容を…
イギリスはオックスフォード。
由緒ある街並みに庭園、見慣れた何時もの風景であるのに何かが変。何かがどうも違う?
街を見回すと人々と同じ数だけ、奇妙な事に動物がいるのだ!
これには理由がある。そう、ここは私達の世界とは似て非なるパラレルワールド(平行世界)の向こう側。鏡でその姿を映したようではあるが、私達が過ごすその世界とは全く違うところなのだ。
そこに住む人々は皆、動物、いわゆる守護精霊(ダイモン…肉体が持っている魂が形ある姿で現れたもの。ライラをはじめこの世界に住む人々にとってはまさに自分の分身。生涯の愛すべきパートナーであり、死ぬまでその行動をともにするもの)を連れているのである。
そして,ここに登場する12歳の可憐な見た目とは裏腹のお転婆娘・ライラも、ダイモンのパンタライモンを連れて日々生活しているのである。
そんなライラの周りで、或る日子供達が次々に行方不明になるという恐ろしい蒸発事件が勃発。
ライラはパンタダイモンと共に、持ち前の好奇心で捜索に乗り出す。まるで運命に導かれるように…。
やがて明らかになる彼女の不思議な力。ライラは誰も読むことが出来ないといわれる、真実を指し示す「黄金の羅針盤」を解読する事が出来るのだ。
敵なのか、味方なのか?その正体の解らない怪しげな大人達。ライラを助ける鎧熊族の王や魔女達。ライラの旅はその数奇な運命に導かれるように北の地へと続いていく。
羅針盤だけが知っている来るべき大戦争の結末を追い求めるように…。



この後の内容に関しては、ワーナー・西大和さんのワイドなスクリーンの前で大興奮しながらお確かめくださいね。

☆この映画には字幕版・日本語吹替版と2バージョンがあります!お好きなタイプをお選びください!

●併せて、3月1日(土)ロードショー、「ライラの冒険 黄金の羅針盤」の公開を記念して、オリジナルドリンクカップが登場!ワーナー・マイカルの限定デザインに、カレイドスコープ(万華鏡)キーホルダー付き!数に限りがありますので、お早めにどうぞ!
「『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 ドリンクカップ」 ¥700(税込)


(出演)ニコール・キッドマン(コールター夫人):吹き替え:山口智子
    ダコタ・ブルー・リチャーズ(ライラ):吹き替え:西口まりや
    パンタライモン:吹き替えは成海 璃子
    サム・エリオット、エヴァ・グリーン、ダニエル・クレイグ 他
原作・フィリップ・プルマン「黄金の羅針盤」新潮文庫刊
サントラ・ユニバーサル クラシック&ジャズ
提供・共同配給:ギャガ・コミュニケーション&松竹

2007年・アメリカ製作 112分

http://lyra.sega.jp/

http://daemon.gyao.jp/?cid=buzzprelyrablog

「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!!

●3/1から始まる『ライラの冒険 黄金の羅針盤』のチケット購入時にTカードを使うと、書籍・黄金の羅針盤上・下巻(7名)やワーナーマイカルオリジナルストラップ(20名)など抽選で豪華賞品が当たる!詳しくはワーナー西大和の特設HPを御覧下さい!
http://www.warnermycal.com/event/lyra/?ly=thrbnr

(予定)
・3/1からはワンピースも公開に!
またファーストデーでどなた様も1.000円で新作がお楽しみいただけます!
・3/5は女性の方のみ1.000円のレディースデーです!
・話題の「ジャンパー」先行上映!
・3/8からはドラえもん、クロサギ公開!


●ワーナーマイカルシネマズ西大和
営業時間・毎日 朝10時OPEN
(お問い合わせ)TEL0745-31-7171
(上映案内)0745-31-7172
(PC) http://www.warnermycal.com/cinema/nishiyamato/
(携帯) www.warnermycal.com/i

FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00
(FRI)2:00~3:00
 ON AIR!! 
DJ
 PON-CHANG! (ぽんちゃん)
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます

http://swingingsecond.ko-co.jp/

  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 01:23Comments(0)映画

2008年02月27日

北嶋建也SHISHOW BAND

毎週、私がFM81.4(西大和)からオンエアーしている「Swinging Street Second!!」(SUN・21:00~22:00、FRI・2:00~3:00)で、まさに番組の縁の下の力持ちとして御協力頂いている近鉄大阪線・築山駅程近くにある中古レコード買取/販売店「レコードあんぐらあ」のオーナー・北嶋建也氏が、何と久方振りにライブを行います。
オリジナルINUのメンバーとして、またアウシュビッツのメンバーとして一時代を築き、大阪のインディシーンに大いなる足跡残したアーティスト、林直人氏。(故人)
そんな彼を偲ぶというよりも、その意志をしっかり受け止めていくという意味から「聖誕祭」とタイトルを銘打ち、今回のライブを行われるのだろうと私は勝手に理解しているのですが…。
以下ラインナップ。



3月2日・日曜日 18:30 大阪難波ベアーズ
林直人聖誕祭 
出演:イネルバ(バーミリオン・サンズの別ユニット)
   ウルトラ・ファッカーズ
   ラブ・ビーチ(ex Off Mask)
   北嶋建也SHISHOW BAND


是非、皆さん足をお運びくださいませ!
ヨロシク!

難波ベアーズHP
http://home.att.ne.jp/orange/bears/

尚、3/2の番組エンディングは、北嶋さんの「一人芝居~嵐ヶ丘」です。

FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00
(FRI)2:00~3:00
 ON AIR!! 
DJ
 PON-CHANG! (ぽんちゃん)
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます

http://swingingsecond.ko-co.jp/

  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 00:33Comments(0)ROCK・音楽

2008年02月16日

奥村初音/タワレコ橿原店インストアライブ(2/17)

タワーレコード橿原店~インストアイベント~決定!!!!!



今年2008年も、タワーレコード橿原店は例年通り、インストアライブをイオンモール・アルル橿原の1Fにありますサンシャインコートでガンガン開催します。
紹介するアーティストも勿論のこと、これからの活躍が期待される、粋の良い若いアーティストばかり。
是非、リスナーの皆さんもタワレコ橿原店のインストアライブに注目して、これからのJ-POP界を盛り上げて行くであろうアーティストを、一早くこのイベントの中から発掘しては、大いに応援して頂きたく思います。
…というところで、2008年の2月17日の日曜日。
今年、第一回目の記念すべきインストアライブのステージにご登場されますのは、2007年9月に「恋、花火」で鮮烈デビュー。そして、この2月13日にはケータイ恋愛ドラマ・人気の水嶋ヒロ(仮面ライダーカブト、花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~、そして現在は「ジキルとハイド」で御馴染みの慶応ボーイ俳優!)が主演を務める「100シーンの恋」の主題歌であります「砂」をニューシングルとしてリリースした、今最も注目される大阪出身・現役女子高生シンガーソングライター奥村初音さんであります。

(開催日時)
■2月17日(日) タワーレコード 橿原店
■場所:イオンモール橿原 アルル 1Fサンシャインコート
■時間:1st 14:00~ 2nd 16:00~の2ステージ
□イベント内容:ミニライブ&サイン入りポストカード プレゼント


イベント当日、CD販売会場にて下記対象商品をお買上げの方に、サイン入りポストカードを本人からプレゼントいたします。
事前にタワーレコード橿原店にてお買上げの方には、“サイン入りポストカード引換券”を差し上げますので、イベント当日にお引換いたします。サイン入りポストカードは数に限りがあります。
無くなり次第終了となりますので、予めご了承ください。

<対象商品>
2/13(水)発売 セカンドシングル「砂」
CD+DVD:AVCD-31373/B \1,890(税込)
CD ONLY:AVCD-31374 \1,050(税込)
※どちらの形態も対象商品になります。

※予告無くイベント内容等変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※イベント当日の録音・録画は一切禁止とさせていただきます。

是非とも皆さんお越しくださいね!

●TOWER RECORDS橿原店
橿原市曲川町7-20-1 イオンモール・橿原アルル3F
TEL0744-25-2971 (営業時間10:00~22:00)


HP http://www.towerrecords.co.jp
Bounce HP http://www.bounce.com/contents/

この日私の番組「Swinging Street Second」用ということでインタビューも行います!
またそれは2/24(日)にオンエアー(予定)
是非此方も聴いてくださいね!

FM81.4 NISHIYAMATO(81.4)
(SUN)21:00~22:00
(FRI)2:00~3:00
 ON AIR!! 



DJ
 PON-CHANG! (ポンチャン)
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!
http://swingingsecond.ko-co.jp/

FM81.4(西大和)
http://www.fm814.co.jp/
  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 00:32Comments(0)ROCK・音楽

2008年02月11日

MUTE BEAT/あんぐらあ音楽倉庫(2/17)

あんぐらあ音楽倉庫
このコーナーは、大和高田は大谷にある中古レコード&CD買取販売専門店:「レコードあんぐらあ」からご提供いただいた貴重な音源と、オーナー北嶋氏のコメントを合わせてご紹介させていただくコーナー。



本日は、小玉和文率いるところの「ミュートビート」のCD・ラヴァーズロックから、JAZZMANという、エイドリアン・シャーウッドも真っ青なご機嫌DUBサウンドをお届けしたく思います!
しかして、ミュートビートってWho?とお思いの御仁の為に簡単にその横顔ご紹介!
今を溯る事、1981年に、原宿の先鋭的なアーティストが集うクラブ、元々は中西俊夫・佐藤チカ(元プラスチックス)を後方支援するための場所として桑原茂一氏が作ったという「ピテカントロプス」で活動していたルードフラワーを母体として、その後発展的にバンドとして形成されたのが小玉和文率いるところの「MUTE BEAT」
正式のメンバーにミキサーが参加しているライブバンドとして注目もされ、数々の伝説も作った!
しかし個性的なメンバーで構成されていたこともあって残念ながら1989年に解散となった。

メンバーには、現在も第一線で活動中の孤高のトランペッター・小玉和文(現在はこだま和文)のほか、UAのプロデュースや自身のユニットRam Jam Worldとして知られる朝本浩文(key)や、メロンからシンプリーレッドなどで小気味良いタイトなBEATを聴かせていた世界のGOTA・屋敷豪太。またケムリでトロンボーンを吹いていた増井明人。ARBのGUITAR(現ジライヤ)の内藤幸也。 また藤原ヒロシとのコラボなどで御馴染み、現在はリミキサーとして活躍中のDub Master X こと宮崎泉(ミキシング・エンジニア)など多彩な人物達が顔を揃えていた怪物バンドだったのである!

ミュートビート(HMV)
http://www.hmv.co.jp/news/article/308150080

●ピテカントロプス
~ピテカントロプスは桑原茂一がプロデュースした、日本ではまだ珍しかった本物のクラブで、1983年に原宿にオープンした。
「とにかくメロンを応援したいというのがあって、彼らがライヴをできる場というものを作りたかったんです。メロンというかその前身のプラスティックスは、自分たちの代表のオルタナティヴ・バンドだと実感してましたから。YMOだともっと正統的なバックグラウンドを持ったプロフェッショナルなバンドなんですけど、プラスティックスの場合は私自身が身を置いていたファッション業界から出てきたということもあって、本当に自分たちの代表だなって思ったんです。そんな彼らの作ったメロンが常にライヴをできる場を作りたいっていうことでピテカンを作ったんですよ。私は19歳のときに西麻布でお店をやってたんで、水商売がいかに大変かはよくわかってたんですけど(笑)、やむにやまれず衝動であのお店を作った」
 この言葉通り、ピテカントロプスではメロンを始めとする日本、そして世界中の最先端のアーティストがライヴを行い、また、日比野克彦の個展などアート関係のイベントやパフォーマンスも日常的に行われていた。~
(WEB・スネークマンショーから…)

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/SnakemanShow/index_326.html


●レコードあんぐらあ
TEL/FAX0745-53-1660
大和高田市大谷454-7(近鉄築山駅からR165沿い西へ徒歩3分)
営業時間12:00~20:00(定休・火)

http://record-angler.com/

FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00
(FRI) 2:00~3:00
 ON AIR!! 
DJ
 PON-CHANG! (ぽんちゃん)
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)


※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!
http://swingingsecond.ko-co.jp/



  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 10:10Comments(0)ROCK・音楽

2008年02月02日

母べえ(かあべえ)2/3

FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 
(FRI) 2:00~3:00   ON AIR!
DJ
 PON-CHANG! (ポンチャン)
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)


※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!
http://swingingsecond.ko-co.jp/
FM81.4(西大和)
http://www.fm814.co.jp/

ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー

このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今週、お薦めの映画
ワーナーさんにて、2008 1/26(土曜日)から公開になっている作品。
あなたがいたから全てを愛せる…。
監督はかの巨匠・山田洋次。そして主演は1945年(昭和20年)生まれであるにも関わらず、今だその衰え知らずの美貌で、世のサユリストを酔わせ続ける、まさに天女のような女優・吉永小百合!
この日本映画界の至宝ともいえる二人が手を組んで描く、激動の昭和の物語。
小さな茶の間を大きな時代が通り過ぎてゆく―

「母べえ」(かあべえ)

~ご紹介させていただきます。



大ヒット作「武士の一分」から1年、山田洋次監督の最新作「母べえ」が遂に公開となった。
原作は、世界の黒澤明監督作品のスクリプトを手掛けていた野上照代の、読売ヒューマン・ドキュメンタリー大賞優秀賞を受賞した自伝的小説で、これがベースとなっている。
舞台は昭和15年(1940年)の東京。戦争反対を唱える父が非国民とばかりに囚われの身になり、残された母と幼い二人の娘が、周囲の人々の優しさに支えられ、様々な困難に出くわしながらも明るく懸命に生きていくそんな姿を描いていく。
主人公の「母べえ」こと野上佳代を演じるのは名実共に日本の銀幕界を代表する、永遠の清純派・吉永小百合。そして「モンゴル」(セルゲイ・ポドロフ監督 カザフスタン/ロシア/独/モンゴル合作)で、第80回・米アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、その周辺が俄かに騒がしくなって来ているカッコいい浅野忠信や「武士の一分」でキムタクの妻を演じた山田監督も絶賛の壇れい、志田未来、笑福亭鶴瓶、坂東三津五郎との演技派・実力派の役者が一堂に会し、つましくも向う三軒両隣、心寄せ合っては暮す人々の愛と悲しみ、そして切ない希望に満ちたドラマを淡々と紡いでいく。ささやかで、当時としては平均的ともいえる普通の家庭のお茶の間を、ひとつの鏡として映し出される激動の時代。この映画は、長年にわたりライフワークとして原爆詩の朗読活動を行い、平和の尊さを訴え続けている吉永小百合と山田監督の深い思いが込められた、心揺さぶる感動の一作である。





(内容)
舞台は、昭和15年の東京。
父(坂東三津五郎)と母(吉永小百合)、そして初子(志田未来)と照美(佐藤未来)という姉妹が肩を寄せ合い、貧しいながらも仲睦まじく、野上家は幸せな日々を送っていた。
お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と呼び合いながら…。
しかしある日の朝、「父べえ」ことドイツ文学者である滋が治安維持法で逮捕されたこの日を境に野上家の暮らし振りは一変する。
時代は、戦争に反対するものを「罪人」とし、容赦ない裁きをみせる狂気の時代へと突入していたのだ。
不安に囚われる母娘達の下に、温かい思いやりを持った人々が次々を訪れる。
父の教え子で出版社に勤める山崎(浅野忠信)は、父との面会申請の為に奔走し、やがて一家から山ちゃんと呼ばれる大切な存在となる。父の妹で明朗快活なキャラの久子(壇れい)は、思春期を迎えた初子とおてんば娘の照美のよきお姉さん役で、何時しか山ちゃんの仄かな恋心を抱くようになる。
そして、変わり者の仙吉叔父さん(笑福亭鶴瓶)は、あけっぴろげで遠慮のない性格のため、何時も訳のわからない騒動を起こしては周囲を巻き込んでいく…。
そんな人々に囲まれながら日々を過ごす離れ離れとなった野上家を、家族として繋ぎ止める大切なものは「手紙」であった。
まるで日記のように毎日の出来事を父に綴る初子と照美。そんな娘達の成長を温かく見守ることが、母べえの心の支えだった。

そんな或る日、野上家に思いがけない一通の手紙が届く…。

この先はワーナー・マイカル・シネマズ西大和さんに足をお運び頂きましてご覧下さいね!

(監督)山田洋次
(出演)吉永小百合、浅野忠信、壇れい、志田未来、佐藤未来、坂東三津五郎、中村梅之助、笹野高史、でんでん、近藤公園、吹越満、左時枝、鈴木瑞穂、戸田恵子、大滝修治、笑福亭鶴瓶
ほか…
(原作)野上照代著 「母べえ」(中央公論新社刊)
(制作・配給)松竹㈱

http://www.kaabee.jp/

「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!!」
●映画館でしか手にはいらない「ルイスと未来泥棒」のオリジナルパズル付きドリンクカップ
好評発売中!
12月22日(土)ロードショー、「ルイスと未来泥棒」の公開を記念して、オリジナルパズルつきのドリンクカップが発売!数に限りがありますので、お早めにどうぞ!
「ルイスと未来泥棒ドリンクカップ」
ソフトドリンクラージサイズ ¥700(税込)
●ワーナーマイカル限定!「シナモン the MOVIE オリジナルポップコーンバケット」
好評発売中!
12月22日(土)ロードショー、『シナモン the MOVIE』(同時上映『ねずみ物語』)の公開を記念して、オリジナルのポップコーンバケットが登場!かわいい宝箱の形をしたシナモンのバケットは、ワーナー・マイカルでしか手に入らない限定品!売り切れ次第、販売終了なので、ぜひこの機会にお買い求めください!
「シナモン the MOVIE オリジナルポップコーンバケット」¥800(税込)

●ワーナーマイカルシネマズ西大和
営業時間・毎日 朝10時OPEN
(お問い合わせ)TEL0745-31-7171
(上映案内)0745-31-7172
(PC) http://www.warnermycal.com/cinema/nishiyamato/
(携帯) www.warnermycal.com/i  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 22:00Comments(0)映画

2008年01月30日

DNA(2/3)

今週のスペシャル・ミュージックディナーのコーナー



(ここでは、毎回、私・ぽんちゃんが、手前勝手に洋邦・新旧・アマチュア・プロ問わず一人/一組のアーティストにスポットをあて特集を組み、コンパクトにまとめて紹介するコーナーであります。)
毎週、曲者で、ROCKIN’なヤロウ/メロウを御紹介したいと思いますので、是非お楽しみに!
はい!と言うことで始まりましたぽんちゃんのスペシャル・ミュージック・ディナーのコーナー!
今回もまたまた、かの“教授”坂本龍一をして「数多あるロックアルバムの中でもこれが一番大好き」と言わしめて已まないという、1978年に発売された当初は屑のような評価を受けながらも、現在においては全く真逆の扱い、全てのパンク・アバンギャルドミュージックの出発点、まさしくルーツのような捉えられた方をしている、先鋭的なアーティスト4組が凄まじい音の競演を聴かせては大爆発するオムニバス・アルバム「NO NEW YORK」から、収録アーティストの音をお届けしたいと思います!
今回はその最終回!現在ブラジル音楽に傾倒し、作曲家・コンポーザー・ギタリストとして活躍する異才・アート・リンゼイが、そのミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせることになったバンド「D.N.A.」の音を聴いていただきたく思います!
全然ギターなど弾けなかったミュージシャン!(笑)アート・リンゼイ(Vo・G)は、1977年にニューヨークでイクエ・モリ(日本人女性・これまた全くドラムなど叩けなかったがDrとして参加。おいおい…。)、ロビン・クラッチフィールド(B)らとともにDNAを結成、やがてニューヨーク・パンクを代表するバンド(ここが凄いところ!)の一つになる。後にロビンが音楽性の違いから脱退し、ベーシストとしてティム・ライトが加入。そして、今回ご紹介しているコンピレーション・アルバム『No New York』に1978年録音参加。これを契機として、アルバムに参加したDNAやコントーションズ 、ティーンエイジ・ジーザス&ザ・ジャークス、マースらによって代表されるニューヨークの前衛的なロックはノー・ウェーブとして情報流通することになる。
DNAの音楽性はノー・ウェーブ・ムーブメントにおいても異色の存在で、アート・リンゼイは11本だけ弦を張った12弦ギターにまったくチューニングを施さずに演奏し、DNA結成までドラムの演奏経験が全くなかったドラムのイクエ・モリはタムの連打などの無機質で機械的な変拍子のリズムを奇跡的に生み出した。また、二人を支えるティム・ライトのベースも不気味に歪んだ今までに聞いたことの無い特異なサウンドであったそうな。
ということで、それでは、オムニバス・アルバム「NO NEW YORK」の最終回を飾るに相応しい、ノイジィーでアバンギャルドなアート・リンゼイ率いるところの「D.N.A.」の音を聴いていただきたく存じます。
曲は…

1)サイズ
それではどうぞ!


DNA LIVE!

FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 

DJ
 PON-CHANG! (ポンチャン)
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

FM81.4(西大和)
http://www.fm814.co.jp/

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!
http://swingingsecond.ko-co.jp/
  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 02:34Comments(0)ROCK・音楽

2008年01月27日

Swinging Street secand!!1/27

Swinging Street secand!!
(1/27分ON AIR・ダイジェスト)



FM81.4から本日もオンエアーされます私の番組!Swinging Street secand!!
可聴地域の方は又聴いてね!
内容はこんな感じですよ~。

FM81.4HP
http://www.fm814.co.jp/

ジングル  ルームトゥブリーズ byホール&オーツ

①今週の注目曲のコーナー

レディオヘッド/インレインボウズから…
1.15STEP
2.ボディスナッチャーズ

②今週のスペシャル・ミュージックディナーのコーナー

NO NEW YORKから

MARSで、
1.ヘレン・フォールズデイズ
2.ヘアウエイヴズ

③かねやんのボディ・デザインのコーナー

ミネラルについて その③

好評!アスリート川柳

④タワーレコード橿原店プレゼンツ・今週のランキング

スティーヴ・フィー(Fee)で、曲「グロリアス・ワン」を!


⑤ストリート・コーナー・パラダイス

今回はお休みです!

⑥あんぐらあ音楽倉庫

「フューチャー・デッドロック」by花電車

⑦ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー

映画「陰日向に咲く」の紹介。

西大和さんからのチケットプレゼントあり!

エンディング

ひまわりby小山卓治


FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!!  DJ
 PON-CHANG! (ぽんちゃん)
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!
http://swingingsecond.ko-co.jp/
  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 11:38Comments(0)その他

2008年01月26日

陰日向に咲く(1/27)



ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー

このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今週、お薦めの映画

ワーナーさんにて、2008 1/26(土曜日)から公開になっている作品。
劇団ひとりの大ベストセラー小説が待望の映画化!
みんな不器用で、冴えなくて、カッコ悪くて―。
けれどもいとおしくて、抱きしめたくなる。そんな日陰の9人の、笑いと涙の物語。
V6の岡田准一と、NHK大河ドラマ『篤姫(あつひめ)』で注目の宮崎あおいをはじめとする豪華キャスト陣が織りなす極上の群像劇!

「陰日向に咲く」

…を今回はご紹介したいと思います。
幻冬舎から発刊され、まさか!の国民的ベストセラーとなった劇団ひとりの「陰日向に咲く」は、もともとは「ネタ本を出しませんか」との幻冬舎の編集者からの誘いを受けてのもので、当初は小説として発刊する目的など無かったそう。しかし、編集者と膝を交え企画を練っていくうちに『週刊ハピネス』という架空の雑誌に連載されているという設定で、架空のエッセイ集を書いてみようという話に発展。更にはそれを書き進めていくうちに、小説集と纏め上げた方がいいのではということとなり、一冊の小説として仕上がったとのこと。
日の当たる所と日の当たらぬ所。人生で主役になれるものもいれば、終始エキストラのようなポジションで道端を歩き続けるものもいる。そんな一見不公平に見えて、非情にも思える人の一生であれど、実はそれなりに意味もあれば、その重みに一寸の違いも無い。
この物語は、一組の男女の出逢いを軸に、陰日向で懸命に生きている駄目駄目な人々の人生が交錯した時に「誰もが一人じゃない」と思えるような感動という名のケミストリーを見せてくれます。
というところで、そのストーリーをご紹介させていただきますと…。

夏。東京に大型台風が接近。そんな荒れ模様の東京を舞台に駄目駄目な人たちは、陰日向の悪戦苦闘を演じていた。
ギャンブルから足を洗えず、借金まみれとなったシンヤ(岡田准一)は、とうとうオレオレ詐欺を働くまでに身を落とす。だが、何故か騙したはずの老婆と心の交流が始まってしまい、当初の目的であった金を引き出すことが出来ないでいる。
そんな彼が町で偶然知り合った寿子・ヒサコ(宮崎あおい)は若かりし頃に売れない芸人・雷太(伊藤淳史)に恋した母・鳴子(宮崎あおい・二役)の恋の軌跡を辿ってみようと、母が働いていたストリップ劇場に足を向ける。そこで寿子は知る由も無かった母の心に秘められた想いを知ってゆく…。

25歳の崖っぷちアイドル・みゃーこ(平山あや)を一途に追いかけ応援するアキバ系アイドル・オタク・ゆうすけ(塚本高史)は今日もみゃーこが出演するイベントへ出かけてゆく。ところが会場は閑古鳥が泣くばかりの悲惨な状況でどうしようも無かった。しかし、或る日そんなみゃーこに180度運命の方向が変わる一大ブレイクのチャンスが訪れ、二人の関係は徐々は変わってゆく…。

エリートサラリーマンのリュウタロウ(三浦友和)は、或る日モーゼのような風体の大ボラ吹きのカリスマ・ホームレス(西田敏行)に出逢う。彼はそのモーゼに何故か憧れを抱き、遂に人生を投げ出して、ダンボール生活を始める。そしてモーゼの秘められた過去が、リュウタロウの人生を変えてゆく…。




一見、無関係とも思える陰日向の人々の人生が少しずつ交錯し、不思議な縁に導かれながら物語は数奇なうねりを見せて、予想だにし得ない方向へと流れていく。
そして台風が東京に上陸した時、バラバラだった筈のストーリーがひとつに重なり合って奇跡の瞬間が訪れる。そして、その先には尚も驚きのドラマが待ち構えていた…。

…いうことですが、この後の展開に関しては勿論、西大和さんのスクリーンを通じてお楽しみくださいね!

(監督)平川雄一朗 映画「そのときは彼によろしく」TV「白夜行」35歳、日本映画界のホープと称されている監督!
(脚本)金子ありさ(主題歌)ケツメイシ「出会いのかけら」:トイズ・ファクトリー
(出演)岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、平山あや、緒川たまき、塚本高史、西田敏行、三浦友和etc…

http://www.kage-hinata.jp/index.html

「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!!

●映画館でしか手にはいらない「ルイスと未来泥棒」のオリジナルパズル付きドリンクカップ
好評発売中!
12月22日(土)ロードショー、「ルイスと未来泥棒」の公開を記念して、オリジナルパズルつきのドリンクカップが発売!数に限りがありますので、お早めにどうぞ!
「ルイスと未来泥棒ドリンクカップ」
ソフトドリンクラージサイズ ¥700(税込)
● ワーナーマイカル限定!「シナモン the MOVIE オリジナルポップコーンバケット」
好評発売中!
12月22日(土)ロードショー、『シナモン the MOVIE』(同時上映『ねずみ物語』)の公開を記念して、オリジナルのポップコーンバケットが登場!かわいい宝箱の形をしたシナモンのバケットは、ワーナー・マイカルでしか手に入らない限定品!売り切れ次第、販売終了なので、ぜひこの機会にお買い求めください!
「シナモン the MOVIE オリジナルポップコーンバケット」¥800(税込)

●ワーナーマイカルシネマズ西大和
営業時間・毎日 朝10時OPEN
(お問い合わせ)TEL0745-31-7171
(上映案内)0745-31-7172

(PC) http://www.warnermycal.com/cinema/nishiyamato/
(携帯) www.warnermycal.com/i

○今月も恒例、ワーナー西大和さんからの御厚意で頂戴した無料鑑賞券プレゼント!
下記の局宛てでもいいし、直接このブログへの申し込み(オーナーへ直接メールでも結構!)でもOK!
挙って応募してね!


FM81.4 NISHIYAMATO

(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 
(FRI) 2:00~3:00
DJ
 PON-CHANG!

(応募先)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)


※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!
http://swingingsecond.ko-co.jp/  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 01:46Comments(0)映画

2008年01月26日

クローヴァーフィールド(HAKAISHA)

 

 人気TVシリーズ「LOST」や「エイリアス」などのクリエイターとしておなじみのJ.J.エイブラムズがプロデュースし、マット・リーブスが監督としてメガホンをとったモンスターシネマ「クローヴァーフィールド」が1/18アメリカで公開となった。

この映画は日本での公開は4/5で、噂ではゴジラとエイリアンとブレア・ウィッチを足して3で割ったリアルティ溢れる恐ろしいモンスター映画との話だったが、如何せん本日までその映画の映像・内容に関しては神秘のベールに包まれていた。
しかし、やっと本日より断片的ではあるがTVなどで、その断片的な映像・予告篇が公開されるに至り、なんとなくその作品の輪郭が見えてきたような感じになって参りました!
(ネットでは早くからその映像の断片等がチェック出来ていたようですが…)

 怪物の正体はラストの25分位まで明かされる事が無いらしいが、ゴジラのような大型と、人間サイズの2パターンがあるよう。(エイリアンにもこの映画に登場するモンスターは近いとのことらしいから、もしかしたら人間に産卵してその数を増やして行くのかも知れない…)
何にせよ、鯨に似た深海生物がその主役であるには間違い無い様で、物語としては、「スラショー」(クローヴァーフィールドの仮のタイトルがスラショーだった!)という清涼飲料水を販売する会社の親許である企業、東京は丸の内に本社拠点を置く深海資源採掘会社(勿論架空の会社だが)タグルアドが全世界に設けた14箇所の海底ステーションの内のひとつである、第14代の仲哀天皇の名前をつけた北米大陸に近い大西洋の海底基地「チュウアイ」で、資源等の採掘作業中に得体の知れない、我々人間が構築した文明の「HAKAISHA」としての生物を目覚めさせ、自由の女神の首をふっ飛ばしては、「セントラルパークN.Y.」を壊滅の悲劇に導くようだ。

この映画のキーはどうやら「日本」らしい。
ゴジラをはじめとする特撮モンスター映画やジャパニーメーション、オタクの故郷として、今や世界に名だたるわが国「日本」。
この映画にはそういった日本という国に対するリスペクトの意味が、もしかしたら込められているのかも知れない気がする。

しかし、この映画を観た直後にインタビューを受けていた、丸太のような腕をした、大きな体のマッチョな黒人男性が「怖い~。後ろを無闇に振り返る事が出来ないよ。今にもあの映画の中の怪物が出てきそうで~」なんてコメントを寄せていたけど、そんな話聞いたら一刻も早く観たくなっちゃうよね!

ホンマにね!

公式サイト
http://www.04-05.jp/

http://widgets.clearspring.com/o/475a0f5f7f2007c8







こんなニュースも…

全米で大ヒットを記録している謎のモンスター映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」(4月5日日本公開)の公開館に、警告文が一斉に張り出されることになった。

同作は、たった1台の家庭用ビデオカメラで撮影したかのような迫真のドキュメンタリー風スタイルが特色となっているが、全編においてブレブレの手持ちカメラで撮影されているため、乗り物酔いと同じ症状を訴える観客が続出。配給を手がけるパラマウント映画は急遽、全米の公開館に以下の警告文を張り出した。
[eiga.com 映画ニュース]

「独特な撮影手法を用いているため、『クローバーフィールド』をご覧になる方は、ジェットコースターに乗った時のような乗り物酔いの症状を煩う恐れがあります」

「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」などで気持ちが悪くなった経験がある方は、用心したほうがいいかもしれない
  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 00:19Comments(0)映画

2008年01月18日

アスパラガス



『アスパラガス』でお馴染みの吉本新喜劇にとって今やなくてはならない名バイブレーヤーの中條健一氏がチンピラエレジーなる二十周年記念の一人芝居をするそうな。
大阪は中央区、釣鐘町の上等(得正)カレーで昼飯食ってるときにチラシを見つけた。
はじめは何処のアングラ劇団のチラシなんやろ~なんて思ってしまうほどマイナーな匂いプンプンで、私の趣味にはピッタンコでした。

【チンピラエレジー】~チンピラ的新喜劇~

2008年1月27日(日)

19:00開場 19:30開演

場所・・・なんばグランド花月

前売・・3500円 当日・・4000円

中條健一
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%A2%9D%E5%81%A5%E4%B8%80
  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 00:36Comments(0)その他

2008年01月14日

サバート・ブレイズ/バタフライ(1/20)

あんぐらあ音楽倉庫

このコーナーは、大和高田は大谷にある中古レコード&CD買取販売専門店:「レコードあんぐらあ」からご提供いただいた貴重な音源と、オーナー北嶋氏のコメントを合わせてご紹介させていただくコーナー。

今回は、知る人ぞ知る大阪の奇跡、ラウド・ロッキン・メイカーズ!
「サバート・ブレイズ」が激しく登場!ご紹介!




『本日は1980年代末期の大阪に忽然と現れ、観衆の度肝を抜き、短期間で姿を消してしまった
「大阪の奇蹟」と呼ばれる伝説のバンドをご紹介いたします。
その名は「サバート・ブレイズ」

まさしくタイム・マシンに乗って、あのニュー・ロック華やかなりし60年代末期から抜け出てきたようなそのルックス、サウンドはメンバー各自の超絶的なテクニックとも相まって、一部に熱狂的に受け入れられ、アルケミー・レコードより2枚のアルバムを残すこととなりました。
確か、ビデオ映像も残っているはずです。

サウンドは、超絶テクニックの複雑なリズム・セクションにブラック・サバスばりのヘヴィなギターが絡むといった感じでこの衝撃は生で見ていただかないと伝わりにくいのですが、私もまだ、このバンドが全く無名の出てきたばかりの頃にたまたま目撃することが出来、非常にショックを受けました。
この時、ジンジャー・ベイカーと同じセッティングのドラム・セットを叩いてたバカテク・ドラマーが当時21歳だったと聞いて、びっくりしましたですね。

この「サバート・ブレイズ」という名前は覚えておいてください。
いつか伝説のバンドとして再評価されることがあるでしょう。

メンバー3人のうち、ヴォーカル&ギターの柿木義博さんは「ガラダマ」というラウド・ヘヴィ・ロックのバンドで活躍中。
強烈な低音で大阪を中心としたライブ・ハウスを揺らしまくっております。
残りの2人は・・・どうしてるのかなあ・・・復活が待たれます。
ドラマーの岡野太さんは、間違いなく世界中合わせても「トップ・ドラマー」の一人ですからね。

それでは「サバート・ブレイズ」のファースト・アルバム「サバート・アート」より「バタフライ」です。


●レコードあんぐらあ
TEL/FAX0745-53-1660
大和高田市大谷454-7(近鉄築山駅からR165沿い西へ徒歩3分)
営業時間12:00~20:00(定休・火)
http://record-angler.com/



oops!より…
http://oops-music.com/info/view.html?oid=21089

FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 

DJ
 PON-CHANG! (ぽんちゃん)
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!
http://swingingsecond.ko-co.jp/

FM81.4(西大和)
http://www.fm814.co.jp/




  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 11:50Comments(0)ROCK・音楽

2008年01月09日

NO NEW YORK/コントーションズ(1/13)

今週のスペシャル・ミュージックディナーのコーナー(1/13)

(ここでは、毎回、私・ぽんちゃんが、手前勝手に洋邦・新旧・アマチュア・プロ問わず一人/一組のアーティストにスポットをあて特集を組み、コンパクトにまとめて紹介するコーナーであります。)
毎週、曲者で、ROCKIN’なヤロウ/メロウを御紹介したいと思いますので、是非お楽しみに!



はい!と言うことで始まりました新年第1回目のぽんちゃんのスペシャル・ミュージック・ディナーのコーナー!今年も他のFM局ではなかなか聴くことの出来ないコアでマニアックな音源と、それに纏わる情報を、昨年以上に内容も充実させてハイ・ボルテージでお送りしたく思いますんで、またひとつご贔屓宜しくお願い申し上げます。
では、では、早速コーナーの方、進めていきたいと思いますが、新年一発目のミュージック・ディナーのコーナーとしましては、本日より4回に渡って、かの“教授”坂本龍一をして「数多あるロックアルバムの中でもこれが一番大好き」と言わしめて已まないという、1978年に発売された当初は屑のような評価を受けながらも、現在においては全く真逆の扱い、全てのパンク・アバンギャルドミュージックの出発点、まさしくルーツのような捉えられた方をしている、先鋭的なアーティスト4組が凄まじい音の競演を聴かせては大爆発するオムニバス・アルバム「NO NEW YORK」を、収録されている各アーティスト毎にお届けしたいと思います!

 と、その前に簡単にアルバムの概要をご説明させていただきたいと思うのですが、これはNYの日の当たらぬ地下シーンで蠢く様に活動していた4組のバンド、ジェームス・チャンス率いるところのコントーションズ、ロック界のエログロ妖女・魔女といえるリディア・ランチ率いるバンド、ティーンエイジ・ジーザス&ザ・ジャークス(尚、コントーションズにはフリクションのDr・チコヒゲが、またティーンエイジの方にはフリクションのB・レックが参加していた。しかしこのアルバムではその演奏は残念ながら聴かれない。)そしてアーティスト集団のマース、それと今やブラジル音楽をクリエイトするアーティストとして紹介されることの多いスーパーノイズ・ギターパフォーマー・アート・リンゼイをリーダーを務めていたD.N.Aが、かのアンビエントミュージック・実験音楽家としての活動や、プロデューサーとしての仕事で名声を博している元ロキシーミュージックのブライアン・イーノのプロデュースにより、オムニバス形式で完成させ、1978年のニューヨークの音楽シーンに向けて発表したのがこの作品。

因みに、2007年5/25にUPLINK WEBSHOPからDVD発売された(公開は2006年)「キル・ユア・アイドルズ」という映画では、アート・リンゼイやリディア・ランチなどが直にカメラの前で、その辺の様子を当事者としての立場から克明に語っているのでまたよかったらご覧下さい。(勿論、その当時の模様も貴重な映像で紹介されている!また、本としては2005年7月に、ジェームス・チャンスの来日を記念して編纂された書籍・NO WAVE―ジェームス・チャンスとポストNYパンク[企画・編集 「チャンス本(仮)」製作委員会・発行 Esquire Magazine Japan Co.,Ltd]が資料として実に詳しい。興味のある方はご一読を!)
http://www.musicdocfes.com/killyour/#intro
今は奇跡的にCDとして復刻発売もされているので、是非買って聴いてください。何時廃盤になるやも知れませんので…。実際に少し前までは中古盤に50.000円の値が付いて取引されたりもしていたらしい~。
しかし、CDとして発売されているとはいえ、今もって特殊な性格を持つ内容のものとして括られる作品ですから、なかなかそんじょそこらの公共放送の電波を通じ聴く機会も無いと思いますので、先ずは今回コントーションズ、次回はティーンエイジ・ジーザス&ザ・ジャークス、3回目はMARS、そしてラストにはD.N.Aといった具合に収録されている各アーティストにスポットを当て、その強烈な存在感に溢れるNO NEW YORKな音をババンとお聴きいただこうと思っています!
 第1回目はジェームス・チャンス率いるコントーションズ!
 簡単にそのプロフィールをご紹介させていただくと、ジェームス・チャンスは1953年4月20日、ウィスコンシン・ミルウォーキー生まれの現在55歳のミュージシャン。1975年、もともとはジャズ・ミュージシャンを目指してサックス片手にニューヨークに移り住む。そしてMARSやTeenage Jesus and The Jerksなどの先鋭的でアバンギャルドなバンドや音楽家と交流を深めてゆく。1977年に、コントーションズを結成。結成時のメンバーは、ジェームス・ナレス(ギター)、パット・プレイス(スライド・ギター)、レック(ベース)、チコヒゲ(ドラム)、アデル・バーティ(オルガン)というラインナップだった。その後レックとチコヒゲが日本に帰国する為脱退。その後ジョージ・スコット(ベーシスト)とドン・クリスチャンセン(ドラマー)を加えて活動を継続する。アルバート・アイラーのようにサックスを吹き、ジェームス・ブラウンのように暴力的にパフォーマンスを展開。唯一無二のパンクを確立し、その後の音楽シーンに大いなる影響を与え続けています!
今日は、NO NEW YORKから、

1 ディッシュ・イット・アウト
2 フリップ・ユア・フェイス


の2曲を聴いていただきます。但し、音は申し訳ないですがレコードからですので正直悪いです。その点は御了承くださいね!それではどうぞ!

You Tubeでコントーションズ御覧いただけます。



http://jp.youtube.com/watch?v=BPb18CzG2gg&feature=related


FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 
(FRI) 2:00~3:00
DJ
 PON-CHANG!
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!
http://swingingsecond.ko-co.jp/
  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 01:09Comments(0)ROCK・音楽

2008年01月02日

新春SP「タワレコ橿原店インストアライブ総集編」(1/6)

はいと言うわけで、皆さん今晩は!
そして謹賀新年、明けましておめでとう御座います。
ことしも一年、このFM81.4・FM西大和からお届けさせて頂きますこの「Swinging Street Second」に、ご支援、ご声援のほど宜しくお願い申し上げます。
で、お相手は相変わらずの顔ぶれで、私・DJ PONCHAN!とKANYAN!という此の2人で、今年もワイワイガヤガヤと盛り上がっては、ラジオの前の皆さんと共に楽しいひと時を過ごしてゆきたいと思っておりますので、毎週日曜の21時からの1時間と、毎週金曜の午前2時からの1時間は、このFM81.4・FM西大和にダイヤルを合わせて、旧年中同様のお付き合い宜しくお願いいたしたく存じます。

頼むよ!

~ということで、本日2008年・初っ端の放送、気合も十分にお届けしたいと思いますが、先ずは、この番組はタワーレコード橿原店さんから普段より多大なる応援を日頃より戴いておりまして、それゆえにタワーさんで開催されるインストアライブの方も独占的に取材をさせていただいている訳では御座いますが、はた!と気が付いたらその総決算というか纏めを2007年の内に行っていなかったなぁ~と思いまして、今回は遅ればせながらで申し訳御座いませんが、昨年この番組にご登場頂いたアーティストの皆さんのインタビューを今一度大放出して、その魅力に今一度触れていただこうと思います。新春第1弾SPメニュー、題して「タワーレコード橿原店・インストアLIVEインタビュー2007総集編」と称し、豪華ラインナップで行かして貰います!素敵なプレゼントも勿論ご用意!
最後までじっくりお楽しみくださいませ!
では、早速参りましょうか!

先ずは…

①ガリバーゲットさんのインタビュー
曲:紅い月~あの人に愛されますように~


7/8オンエアー(6/24開催)
http://swingingsecond.ko-co.jp/d2007-07-09.html






②シカゴ・プードルさんのインタビュー
曲:愛燦燦


9/16オンエアー(9/2開催)
http://swingingsecond.ko-co.jp/d2007-09-10.html







③キッサコさんのインタビュー
曲:拝啓 君へ


2007・11/25オンエアー(11/11開催)
http://swingingsecond.ko-co.jp/d2007-11-19.html









そしてエンディングは、橿原店インストアライブへ2007年4/29に登場と相成った

ブリーズ・サウンドさんの「待宵草」

で締めさせていただきたく存じます!







http://footstomp.ko-co.jp/d2007-05-04.html

尚、放送内でご紹介できなかった皆さんのインタビュー等関連記事は、以下のアドレスにて御覧いただけます。
又是非、御覧下さいね!

9/30オンエアー(9/29開催)

河瀬直美監督



http://footstomp.ko-co.jp/d2007-09-30.html

7/9オンエアー(7/22開催)

広沢タダシ






http://swingingsecond.ko-co.jp/d2007-07-29.html

6/10オンエア(5/27開催)

高谷友里・上地由真








http://swingingsecond.ko-co.jp/d2007-06-02.html

4/25オンエアー(5/13開催)

川本佐江子・大和路らぷそでぃ




http://yaplog.jp/swinging814/daily/200704/25/

今年も沢山のアーティストの方々にお会いして色々インタビューさせていただきたいと思っております!
タワレコ橿原店の皆さん、並びにアーティストやファンの皆さん、そして勿論この番組を支援してくださっているリスナーの皆さん!
今年もどうぞ、この「Swinging Street Second」を宜しくお願い申し上げます!
さらに面白く盛り上げていきますんで!ね!


尚、今回、涙を呑んで(笑)、キッサコさん・河瀬直美さん・ガリバーゲットさんのサイン各1枚ずつ抽選の上、進呈致します!
挙ってご応募くださいね!


(応募先)
FM.81.4のプレゼントフォームからご応募ください!

http://www.fm814.co.jp/present/present_info.html

FM81.4(西大和)HP TOPページ

http://www.fm814.co.jp/

FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 
(FRI) 2:00~3:00
DJ
 PON-CHANG! T・KARAKAMA
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!
http://swingingsecond.ko-co.jp/

  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 12:47Comments(0)ROCK・音楽

2007年12月30日

寿(2007年~2008年)

寿



2007年(平成19年)もとうとうクライマックス。1年の集大成といいますか、大詰めを迎えまして、余すところ後29時間程で2008年(平成20年)、亥年から子年に変わるわけでは御座いますが、今年も奈良は王寺に在るコミュニティーFM局・FM81.4(西大和)から毎週日曜21時から22時の1時間枠でオンエアーさせていただきました私の「Swinging Street Second」(再放送は翌金曜の午前2時から3時)をお聴き頂き、またその放送内容を克明に記したブログを御覧頂き誠に有難う御座いました。来年も気合を入れて、コアでマニアックな音源と種々様々な情報を提供するべく、マイクの前で熱弁を振るい、リスナーの皆さんと共に心豊かな1年を過ごす心算で頑張ってゆく所存です!
2007年度もワーナー西大和さんからご提供して戴いた「無料鑑賞券」や、タワーレコード橿原店さんのインストアライブを通じて各アーティストの皆さんから頂戴した貴重な「直筆のサイン色紙」など、バンバン、ラジオをお聴きのリスナーの方々やブログを御覧の皆様に向けてプレゼントしてきましたが、2008年も前年以上に色んなものを沢山の方に御奉仕出来るように段取りさせて貰っていますので、ドシドシご応募の方、お待ち致しております!
また、番組に対するご意見・ご要望・リクエストなどもガンガン受け付けていますので其方の方も宜しくお願いいたします。(ブログの方でも受け付けています。個人情報に関してはこの番組の方で責任を持って管理いたしますのでご心配なく。)勿論、お返事も出来うる限りさせて戴こうと思っておりますのでこちらも是非とも宜しく!

2008年も、ひとつ宜しくお願い申し上げます。



FOOT STOMP
DJ PONCHANG!(ポンチャン)
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL 
post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601  
 MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

FM81.4HP
http://www.fm814.co.jp/

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!

http://swingingsecond.ko-co.jp/

  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 19:29Comments(1)その他

2007年12月30日

インディさんイベント情報



初春!
とりたてて計画も無く、今から何処へ行こうかとお考えの方は、当番組で応援している奈良県が誇る白塗りの楽しい芸人・インディさんが、新年は元旦と2日の両日、千日前アーケード(トリイホール上方ビル付近・13:00から…)特設ステージ(ふるまい酒・2日は ぜんざい)に出演されますので、是非足を運んでくださいね!
また2日には、アーケード・特設ステージでのイベントのみならず、トリイホール(06-6211-2506・千日前1丁目7-11上方ビル4F:開場14:30 開演15:00から)で開催される『新春トリイ初夢席』に出演されます!!
インディさん(唄)をはじめ 旭堂南海(講談)師匠、 おしどり(吉本夫婦音曲漫才) 春野恵子(浪曲)他の方々が初春に相応しく、賑々しく登場!此方も是非!
やっぱり、初春は楽しい演芸から!お楽しみくださいね!



  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 14:25Comments(0)イベント

2007年12月24日

タワレコ橿原店・今週のランキング(12/30)

タワーレコード橿原店プレゼンツ・今週のランキング

ここでは、毎週「タワー橿原店」からご提供頂いた総合チャートを基に、チャート街道を驀進する今一番、旬なアーティストをご紹介!

最新総合チャート TOP 40   (2007 12/23 現在)

1)エグザイル / エグザイル・ラブ



2)ドリームズ・カム・トゥルー / アンド・アイ・ラヴ・ハー
3)V.A. / アイのうた
4)ファンキーモンキーベイビーズ / ファンキーモンキーベイビーズ2
5)B’Z / アクション
6)小田和正 / 自己ベスト2
7)ウルフルズ / キープオン・ムーヴオン
8)AI / ドント ストップ A.I.
9)インフィニティ16 / ファンダクションロック
10)アリシア・キーズ / AS I AM
11)徳永英明 / ボーカリスト3
12)TUBE / ウインターレター
13)SWEETBOX / コンプリートボックス
14)バックストリートボーイズ / アンブレイカブル
15)リップスライム / FUNFAIR
16)徳永英明 / ボーカリスト
17)徳永英明 / ボーカリスト2
18)V/A / クリスマスソングス
19)新垣 結衣 / そら
20)エリッククラプトン / コンプリートクラプトン

OH!ファンタスティック!初登場アーティスト!(オマケ解説)

①1)エグザイル / エグザイル・ラブ前作「EXILE EVOLUTION」より約9ヵ月という短いスパンで制作された、通算6枚目のオリジナル・フル・アルバム。7人組の新体制となって以来の勢いが感じられる力作。2枚組DVD付きのファンにとってはたまらない一枚!

②2)ドリームズ・カム・トゥルー / アンド・アイ・ラヴ・ハーヒット・シングル「ア・イ・シ・テ・ルのサイン~わたしたちの未来予想図~」や「大阪LOVER」などを収録した14枚目のオリジナル・アルバム。2007年の活動テーマ「夢よ、みんな、かなってしまえ!!!」にぴったりの仕上がりとなっています。

③4)ファンキーモンキーベイビーズ / ファンキーモンキーベイビーズ2
3人組ヒップホップ・グループ、FUNKY MONKEY BABYSの2ndアルバム。ヒット曲「Lovin' Life」「ちっぽけな勇気」などを収録したご機嫌な一枚。

④7)ウルフルズ / キープオン・ムーヴオン「情熱 A Go-Go」「たしかなこと」など、ワーナー移籍後のヒット・シングルを含む通算11枚目のオリジナル・アルバム。

⑤9)インフィニティ16 / ファンダクションロック
マンスリー・ミックスCDの第16弾。新譜と往年の名曲を違和感無く、それぞれの魅力をも上手く引き出しながらプレイしてみせるDJ CAKがお届けするスペシャルアルバムだ。

⑥13)SWEETBOX / コンプリートボックス
クラシック音楽とヒップホップ・ミュージックの融合――それを実現して見せたのが、GEO(プロデューサー)とティナ・ハリス(女性シンガー/ラッパー)から成るユニット、アメリカのアーティスト・スウィートボックス。99年にはティナが脱退し、現在はキュートな声質を持つ女性ヴォーカリスト、ジェイドがフロントを支える。12/12発売のこのアルバムは、レーベルの垣根を越えた、今日までの彼らの歴史を収めたベスト・アルバムである。

はいと言うことで、今週のタワレコ界橿原店の総合チャートの堂々第一位はエグザイル / エグザイル・ラブでございました!

ということで、チャートの発表に続きましては、タワレコ橿原店さんからのインフォメーションをお届けします!
☆…
来年1/14まで、お得な嬉しいウインターセールを大々的に開催!
お好きな外人さんのCDが安価・廉価でGETできる輸入盤スーパープライスセールは1/14まで開催。是非ご利用くださいね。どうぞ!
詳細はまたタワーレコードのセールHPを通じ、確認してください。
http://sale.towerrecords.jp/

さて今週は、ドリカムの「大阪Lover]をお聴きください!



YouTubeで御覧下さい!
http://jp.youtube.com/watch?v=zZY9fwjQ0L0

http://www.youtube.com/watch?v=CKE26z_sNk0

http://www.youtube.com/watch?v=TwrqWm_tn2M

正直、それまで特別ファンということもなかったのですが、この曲は最高。
邦楽では今年ベスト5には確実に入る名曲ですわ。良!icon22

「大阪Lover」

             作詞・曲 吉田美和

"最終に間に合ったよ 0時ちょい前にそっちに着くよ"
メール短すぎたかな? わたしも素っ気ないけど
新大阪駅まで むかえに来てくれたあなたを見たら
いつもはいてるスウェット 今日も家へ直行か…
万博公園の太陽の塔 ひさびさ見たいなぁ!
明日さ、たまにはいいじゃん!!
「そやなぁ・・」って行くの?行かないの?
何度ここへ来てたって
大阪弁は上手になれへんし
楽しそうにしてたって
あなた以外に連れはおれへんのよ
近そうでまだ遠い大阪

言いたいこと言えなくて 黙ってしまうのも良くないよね
毎週は会えないから けんかだけは避けたいし
通い慣れた道が いつもより長く感じるこの空気
御堂筋はこんな日も 一車線しか動かない
家に着く前に 何か飲むもの買ってこようか?
気分変えようとしてるんじゃん!
「そやなぁ・・」っているの?!!いらないの?!!
何度ここへ来てたって
「一緒に住まへんか?」とは言わないし
楽しそうにしてたって
そこは内心 めっちゃさびしいんよ
近そうでまだ遠い大阪

覚悟はもうしてるって
大阪のおばちゃんと呼ばれたいんよ
家族と離れてたって
あなたとここで生きていきたいんよ
東京タワーだって
あなたと見る通天閣にはかなわへんよ
なんで そんなに笑って!
一生に一度の告白やんか!
恋しくて憎らしい大阪
何度ここへ来てたって
また来るのはあなたがおるからやもん
楽しそうにしてたって
それはあなたがここにおるからやもん
どんだけケンカしたって あなただけ
ほんまに大切やもん
「もうこっち来いや」って言って
あぁ!!!催促してしもたやないの
近そうでまだ遠いか? 大阪
恋しくて憎らしい大阪!



●TOWER RECORDS橿原店
橿原市曲川町7-20-1 イオンモール・橿原アルル3F
TEL0744-25-2971 (営業時間10:00~22:00)


HP 
http://www.towerrecords.co.jp
Bounce HP 
http://www.bounce.com/contents/

FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!!
  DJ
 PON-CHANG!
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)


※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!

http://swingingsecond.ko-co.jp/  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 18:26Comments(0)ROCK・音楽

2007年12月16日

三上 寛/ひびけ電気釜(12/16)

あんぐらあ音楽倉庫
このコーナーは、大和高田は大谷にある中古レコード&CD買取販売専門店:「レコードあんぐらあ」からご提供いただいた貴重な音源と、オーナー北嶋氏のコメントを合わせてご紹介させていただくコーナー。



「最近、洋楽ロックの紹介が続きましたので、今日は日本のカリスマ・ミュージシャンの紹介。
あんぐらフォークの帝王「三上寛」さんです。

1950年青森県の北津軽郡小泊村(こどまりむら)出身。
1971年にコロムビアからデビューしておりますが、その強烈な歌詞と作風と歌ゆえか、当然のことながらキワモノ扱いとなり、注目されたのは、同年の中津川フォーク・ジャンボリーでのライブ。
その後、当時、全盛であったURCレコードより、この時のパフォーマンスがレコード化され一気に”ごく一部の”注目を浴びることとなります。
URCレコードとは自主規制のない、いわば現在で言うインディーズ・レーベルで関西フォークを中心に、アングラ・フォーク等の名作を数々リリースしております。
このあたりはそのうち詳しく。

三上寛さんは、その後、フリー・ジャズやフリー・ミュージックの音楽家などとも活動。
パンク系の若いミュージシャンからも絶大な支持を受け現在も精力的にライブ活動を行っております。
現在は灰野敬二さんやJOJO広重さんのノイズ系のミュージシャンともライブ共演をされておりますね。

今日、ご紹介する曲は・・・
あまりエグい曲は避けまして、URCでの、初のスタジオ録音でのフル・アルバム「ひらく夢などあるじゃなし」より「ひびけ!電気釜」

例によって、URCオリジナル・レコード盤より。定価1700円の印刷があるのがオリジナルですよ。
実は¥2100のが多くて、¥1700はなかなかレアなんですよ。
では。」

by レコードあんぐらあ・オーナー北嶋建也氏

●レコードあんぐらあ
TEL/FAX0745-53-1660
大和高田市大谷454-7(近鉄築山駅からR165沿い西へ徒歩3分)
営業時間12:00~20:00(定休・火)
http://record-angler.com/


FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 
DJ
 PON-CHANG!
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!
http://swingingsecond.ko-co.jp/
  


Posted by PON-CHANG!(ぽんちゃん) at 10:25Comments(0)ROCK・音楽